adsense
いわゆるプロブロガーたちがガンガン稼いでいることにあこがれてぼくもブログを始め約1ヶ月が経ちました。

最初はなんでブログをやるとお金が儲かるのかまったくわからないレベルのクソ素人でした。いまもクソ素人には変わりありませんが、少しずつUUも増えてきているので「ただの素人」へスキルアップしつつあると思っています。
 

ネットにはアドセンス審査攻略情報があふれている

ご多分に漏れずぼくもとりあえずGoogle AdSenseを導入しようと考えました。
やり方が全くわからないのでググると出るわ出るわ、情報が山盛りなこと!

まだまだ全然稼げてないぼくがこんなことを書くのはまったくおこがましいけれど、世の教えたがりブロガーたちがまことしやかにアドセンスの審査に通るうさんくさい方法を書き連ねているのが気になってこの記事を書くに至りました。
 

それって本当ですか?

簡単な例を出しましょう。
 

某ブロガー「審査に通過するためにはA、B、Cということをしましょう。」
新米ブロガー「A、B、C全部やったら審査通りました!」
 

これをどう解釈しますか? A、B、Cはすべて必須でしょうか?
もしかしたらBをやっただけで通ったのかもしれません。
そうしたらAとCは完全に無駄な作業なわけですよね。
 

画像も動画も外部リンクも消さなくてOK

多くの先人が審査攻略のために、記事中にある画像や動画を削除せよと言っています。リンクまでも。 ぼくは画像や動画を記事の中で貼りまくっています。 お気に入りの動画満載の記事までupしてたくらいなんですから。 それでも審査を通過しました。

はっきり言って画像や動画の有無は審査に関係ないと思っています。 むしろないほうが不自然じゃないですか。 もちろん他人の権利を侵害しているものは使っちゃダメですよ。

審査には時間がかかるのだから待っている間にも記事を量産したいですよね。画像も動画もないつまらない記事を書いて審査を待つのってバカバカしくないですか?
 

ぼくがやった6つのこと

正直に言うとぼくは審査に3回落ちました。
でもぼくはほとんど直さずにただ記事を淡々と追加して、再審査を依頼。
結果通過したのです。
結局のところ審査に通過できるかどうかは、そのブログがちゃんとした体をなしているかに尽きると思います。
 

【通過したときにぼくのブログで行っていたこと】

  • タイトル画像をつける
  • パンくずリスト
  • プロフィールを画像付きで載せる(ぼくは下手くそイラストでした)
  • 記事のカテゴリ分け
  • ぼくへのメッセージフォーム設置
  • よそのサービスの宣伝になりそうな記事はとりあえず書かない(Amazonとか)

もちろんこの全部が必要というわけではないかもしれません。
最後のAmazon絡みの話は別ですが、それ以外のことってふつうにブログとして必要なことなわけですから審査のためにあえてやるってことじゃないですよね。
要は普通にちゃんとしたブログを書けばいいってことでしょう。


まとめ

とりあえずこれで記事が20個くらいあればなんとかなるんじゃないですかね。

これからブログで稼ごうとする人ならばんばん文字数の多い記事を量産してればいいはずです。これは私の考える方法ですから同じことをして審査に通らなくてもそれは自己責任ということでお願いいたします〜。

sponsored link