うちの子の大好きなテレビ番組のひとつ「おさるのジョージ」。
この番組には「黄色い帽子のおじさん」と呼ばれる人物が登場する。
最初は子供と一緒に何気なく見ていたのだが、あるときふと気がついた。
 

名前を持たない登場人物

このおじさんには名前がないのだろうか。
それにしても「黄色い帽子のおじさん」なんて大雑把な呼び方だなあ。
この番組に出てくるほかのキャラクターはこのおじさんを呼ぶときにも「黄色い帽子のおじさん」と呼んでいるのだろうか。そんなにたくさん見ているわけではないからそこまではチェックできなかった。
ただナレーションはそう呼んでいるようだ。
何か腑に落ちない。。それはなんだ。
 

はて・・・。
うーん・・・。
何か変だ・・・。
 

!?
 

この名前の付け方は異常

この人物は「黄色い帽子のおじさん」と呼ばれるのが正しいのだろうか?
よく見てみよう。
screenshot
出典:NHK おさるのジョージウェブサイト

この人物は帽子だけでなく全身黄色い服で身を固めている。
初めてこの人を見た人は「黄色い帽子」のみに着目するだろうか?
普通に考えれば「黄色のおじさん」あるいは「黄色い服のおじさん」と呼ぶべきだろう。 なぜ帽子部分のみ取り出して黄色というのだろうか。
 

海外、つまり原作ではどうなんだ

待てよ、このお話はもともと海外のものだ。
日本語に翻訳するにあたって変な意訳をされてしまったのではないか。
そう思ったぼくは英語版のWikipediaでおさるのジョージを調べることにした。

おさるのジョージは原題を「Curious George」という。
直訳すれば「好奇心の強いジョージ」といったところか。
読み進めてみると、、、 

!?

The Man with the Yellow Hat だと!?

 Yellow_Hat
出典:wikipedia [Curious George]
 

ドドーン!
黄色い帽子の男、つまり「黄色い帽子のおじさん」じゃないか!
うーむ、、これは謎だ。

引き続き調査を続行する。
進捗があり次第また報告する。

sponsored link