IMG_8368

補助輪を取る=子供の成長!

5歳の息子が自転車の補助輪を外すことをついに決意した。 挑戦とか冒険をあまり好まない息子なのだが、今回の話では成長が感じられ感激してしまったよ。 さっそく補助輪を外してスタンドを付ける準備を開始する!
 

スタンドを買っておこう

IMG_8338

by カエレバ

補助輪があるときはそのままほっといても自転車は倒れない。 でも補助輪を外した瞬間から、自分で支える or 壁などにもたれさせるなどしなければならなくなる。だから補助輪を外すと同時にスタンドをつけられるようにしておこう。
 

用意すべき道具

IMG_8364
スパナあるいはモンキーレンチ(必須)

by カエレバ
ペンチ類(あるとよい場合もある)
軍手(手が汚れるのが嫌な人は用意する。ぼくは作業性が落ちるから使わなかった)
手伝いの人(こういうときはやはり大人がよい。子供はふざけるので。。)

100円ショップの工具はやめよう!
すぐ壊れるし、下手したらネジをダメにする。
それなりに使える工具でもそこまで高くないし買えばほぼ一生使える。
ちゃんとしたやつを強烈におすすめする。

 

ひたすら外す!

とにかく補助輪と自転車本体を固定している六角ナットを外していく。
IMG_8339
なんかカバーがついているから取ってしまう。
IMG_8341
六角ナットの下に六角レンチを使うネジがあるが、これは補助輪を外すのに全く関係がなかった。つまり六角レンチは必要ない。
IMG_8342
IMG_8354
この状態になるまで外してしまおう。
 

スタンドを装着する

ナットが全部外された状態のところにスタンドをはめる。
IMG_8355
このとき自転車を立てた状態で固定しなければならない。
壁に立てかけるだけでもいいのだが、手伝ってくれる人がいるととても助かる。
5歳の息子にやらせてみたが飽きっぽいのとすぐふざけるので役に立たず結局ヨメさんにお願いすることになった。

スタンドをはめるために少し広げなきゃいけないのだが、これは若干力が必要だ。
 

またナットをひたすら締め付ける

さっき外したのと逆の作業を行うわけだ。このときスタンドと自転車のフレームが動いてしまわないように気をつけよう。
IMG_8358
IMG_8360
IMG_8361
全部締め付け終わったら元のカバーをつけておこう。なければ構わない。
 

動作を確認しよう

スタンドがうまく機能するか、ガタツキがないか、何度か動かしてみて確認しよう。
 

まとめ

スタンドに付いていた説明書がちょっとわかりにくかったので手間取ってしまったが、15〜20分くらいあれば取り外しから取り付けまで出来るだろう。ただ、全部ナットを外した状態では自転車本体フレームと車輪を固定するものがなくなってしまうわけなので外れてしまったり位置がずれたりしないように気をつけよう。あとは息子の練習あるのみ! 

by カエレバ
sponsored link