ゴールデンウィーク後半戦スタート。
上の息子と一緒にカニを釣りに行くことにした。
行き先は「水の広場公園」
 

狙いはイソガニ

まあどこにでもいるカニですわ。
小さいサイズで簡単に釣れる。
最近うちの近所の公園の池とかではザリガニ釣りなどが禁止されているので、それに代わるイベントとしてぼくはこのイソガニ釣りを多く採用している。
ぼくがたくさんカニを釣り上げると息子も喜ぶので時間があるとつい行ってしまうんだよね。
 

水の広場公園について

screenshot
ゆりかもめの「国際展示場正門駅」から歩いていける。
これまで仕事でビックサイトにちょこちょこ来ていたが、こちらの公園に来るのは初めてだ。
雰囲気がぜんぜん変わり静かなものだ。
疲れたサラリーマンが3人たたずんでいた。
IMG_1271
こちら側は海に降りられないのでカニ釣りは無理。
橋の向こう側まで行かなければならない。

橋の下をくぐっていけるかと思いきや行き止まり、一旦上に上がってから向かうことになる。

岩場エリアはこんな感じ。
かなり貝がびっちりと貼り付いている。
IMG_1284
  

イソガニ釣りの準備

基本的に仕掛けと餌はザリガニ釣りと変わらない。
適当な棒にタコ糸を結びその先にスルメなどを縛り付けておく。
ただザリガニ釣りと違うのは岩にガッシリしがみついてしまうので引き上げにくいということだ。
さらにわりとすぐに餌から手を離してしまうので、網が必須なのだ。
ザリガニ釣りではソーッと上げればだいたい釣れるがこのカニ釣りではそれはほぼ不可能。
 

イソガニ釣りのポイント

イソガニは海底の岩の隙間にいることが多い。
その辺りに餌を落としてやると、ワラワラとカニがやってきてがっしりと餌を挟んで引っ張っていく。 そうなったらゆっくりと引き上げるのだが、海底から離れたらサッと網を使って水中にいるうちに捕まえてしまおう。

岩の隙間に網を差し入れるわけだから、小型のものでないと役に立たない。 

by カエレバ

今回の釣果は・・・

IMG_1285
残念ながら1匹しか釣れなかった。
風が強く、狙ったところに餌を落とせないのと、手頃な岩の隙間が少なかったこと、カニの挟む力弱すぎ。

ただここは他にほとんど人がいないのでそのあたりを気にしないで釣りに専念できる。そういう意味では気軽に気楽に楽しめるいい場所なのかもしれない。

 

sponsored link