LIG_h_senpouukisuzusi-_TP_V
ぼくが昔勤めていた会社は今で言うブラック企業だった。
残業・休日出勤当たり前、もちろん手当なし。
突然上司から呼び出されては「テメー、会社にいられないようにしてやるからな」みたいな恫喝を受けることもしばしば。 さらにその昔は鉄拳制裁もザラだったと聞く。
ふー、さっさと辞めといてよかった。

いま現在会社勤めで苦労している人に捧ぐ、健康に生き抜くためのヒントをまとめたので読んでみてほしい。 

かなり「意識低い」内容だ。
 

その会社で頑張る意味ある?

就職する理由は人それぞれ。
だけど、最も重要で基本的な理由は「収入を得る」なはず。
どうせ金を稼ぐならラクしたいじゃん?
頑張っても頑張らなくても同じ収入なら、頑張らなくていいのは当たり前。
頑張りを評価してくれる会社ですか?あなたのいる会社は!

「頑張り」という何の意味も持たない言葉を使うこと自体よくない。
「成果を出す」という意味での頑張りならまあいい。
ただ、その「成果を出す」という言葉もかなり気をつけなければならない。
 

「成果を出す」ってどういうこと?

会社が求めることと、自分が出そうとしている成果が合っていなければ評価はされない。 それどころか「あいつはおれの言うことを聞かない」「余計なことばかりやって金を無駄に使う」「与えた仕事を終わらせられない」というようなネガティブな評価を受けてしまう。

これが当時のぼくだ。
 

よくある成功者の体験談で「会社の言うことを聞かずに突っ走ってものすごい成果を出した!」みたいなのをよく聞くが、こんなのは一握りだし、相当な才能がなければできないことだ。 こういう人は会社勤めしなくても成功するタイプなので、参考にしても仕方がない。 おとぎ話みたいなもん。

こういうのを参考にして勘違いをしていたのもぼくだ。
 

会社の求めること、つまり上司の求めていることを的確に察知しよう。
自分よりすぐ上の係長とか課長を見ても意味がない。
もうちょっと上の部長とか社長とかが何を考えているのかをよく観察することだ。
会社の規模によってそれらは調整すべし。
とにかく自分を「会社的」に評価する立場の人間が誰なのかを見極めるのだ。
 

目的が「収入」ならばとにかく割り切れ

「会社」として求められていることが、自分がやりたいことと違うことはザラにある。ていうか、それが普通だ。
だったらいちいちめんどくさいことを考えず割り切ればよい。
求められていることがわかったら、それをいかにラクな手段で終わらせるかを考える。

頑張って求められていることより上回る成果を出そうなんて、間違っても考えてはいけない。「終わらせる」ということが大事なわけであって、その間にどれだけ頑張ったとか、まったくもってどうでもいい。

省エネですよ時代は。
 

まとめ

体を壊してまで働く必要はまったくない。
心身を病んでしまったら復帰するまでにかなりの時間を要することになる。
もしそうなってしまったのなら次の過去記事を読んでみるとよい。

【過去記事】うつは寝れば治るって知ってた?とにかく寝とけ寝とけ

会社の中でのし上がってやろうと思わない限り、ほどほどに働けばいいのだ。 
もし何かやってみたいことが自分の中にあるのなら、会社でやらずに自分で仕事を始めればいい。 今ぼくはそれをやって楽しく生きている。
 

by カエレバ

sponsored link