title
ぼくは自社商品を輸出もしているので頻繁に海外に物を送っている。
宅急便を送ったことがある人なら誰でも簡単に海外にものを送れる。
心理的にハードルは高そうだが、はっきり言って難しくない。
商売だろうが個人的に送る場合だろうが、少量であればどちらも特に変わらない。

海外に物を送るなら「郵便局」

海外向けには何か特別な運送会社を使わなきゃならないのでは?
と思いがちだがそんなことはない。
もちろんFedExとかUPSとかDHLみたいな会社を使う場合もないわけではない。
しかし一番簡単なのは「郵便局」だ!
どこにでもあるし、わからなければすぐ聞ける、という利点が大きい。

オススメはEMSか国際eパケット

郵便局から海外に物を送る手段はいろいろあるが、「EMS」か「国際eパケット」という方法が一番お手軽だ。何やら聞き慣れない言葉かも知れないが、それぞれ「速達」「書留」くらいに考えれば何となく理解できるはずだ。

なぜこの2つを奨めるかというと、

  • ネットから送り状や各種書類の作成ができる 
  • 荷物の追跡ができる 
  • 手書きが不要、自宅のプリンタでOK ←地味にとても助かる 

つまり宅急便を送る感覚で作業ができる。
むしろもっと簡単かもしれない。


EMS(国際スピード郵便)

早く送りたかったらこれが一番良い。
少し高いが早く着く。
海外向けの荷物は重量で料金が決まるのでできるだけ軽くすることが望ましい。

EMS料金表
EMSお届け日数表

国際eパケット

EMSほどではないがそこそこの日数で荷物が到着する。
EMSに比べると安いし、重量で決まる金額も細く設定されている。
ただ保険で保証される金額が6000円まで。
高額なものを送るのは控えたほうが懸命だ。

何十回と国際eパケットで色んな国に送っているが事故が起こったことはない。
ただ、この日数表に書かれている日数よりも時間がかかることはあるようだ。

国際eパケット料金表
国際eパケットお届日数表

料金はどれくらいかかるのか

宅急便など国内向けの一般的な荷物において、国内向けの荷物は梱包されている箱のサイズで料金が決まる。
ところが海外向けの荷物は重量で金額が決まる

荷物の重さをあらかじめ知っておけばサッと支払いが済ませられる。
さほど大きくない荷物の場合は、家庭で使うようなデジタルはかりで十分だ。

国際郵便マイページサービス

kokusaiyubin1
ウェブ上から海外向けの送り状や必要書類の作成が出来る。
EMSでも国際eパケットでも使えるサービスだ。

国際郵便マイページサービス

案内に沿って記入していけば自動で必要な項目を作成してくれるからとても簡単。
インボイスなどの必要書類も勝手にやってくれるので難しく考えなくて良い。
kokusaiyubin2

※インボイス
日本で言えば納品書みたいなもの。
何が入っていていくらなのか、というようなことが記されたもの。
あまり難しく考える必要はない。

もしわからなければ直接電話して聞いてみよう

国際郵便専用の問い合わせ窓口がある。
携帯電話からはなぜかナビダイヤル(有料)しかかけられないので可能な限り固定電話でやるのがよい。ぼくは何度も問い合わせた。けっこう電話はつながるし、電話口のお姉さんもわりと優しいので気になることがあればドンドン電話して聞くのが手っ取り早い。

sponsored link