全景
夏はやっぱり海に行きたい。

若い頃は江ノ島とか行ってウェーイとやっていたこともあるが、さすがに子供も一緒だとそういうところにはあんまり行きたくなくない。人混みもスゴイし、汚いし、ガラ悪いし。だから数年前から静かな海を求めて千葉に向かうことが多くなった。

先日初めて行った興津海水浴場を紹介する。

興津海水浴場のいいところ

  • 最寄りの上総興津駅から歩いてすぐ
  • コンビニが近い
  • 波が少ないので子供向き
  • 水がまあまあきれい
  • 磯遊びが出来る
  • 海の家?が良心的
  • ひなびた海の街

最寄りの駅から近いしコンビニもすぐ行ける

map
最寄りの上総興津(かずさおきつ)駅から海水浴場までは歩いてすぐだ。
これは子連れの身からすると大変ありがたい。

そしてコンビニ(ヤマザキデイリーストア)もその足で行ける。
海まで行ってからなんか買いたくなったらふらっと行けるくらいの近い距離だ。
ちなみにこの店ではクレジットカードが使えなかった。

水はまあまあキレイで波もなく静かな海

海側から
ネット上の評判を見て期待していったのだが、そこまでの透明度ではなかった。
遊泳エリアはちょっと濁っていて、岩場付近の遊泳禁止エリアはけっこう澄んでいた。人が多い場所はどうしても濁りやすいのは仕方がないのか。

ここの海はほとんど波がない。
うちは1歳の息子がいるが波打ち際であれば難なく遊ばせることができた。

岩場は潮溜まりになっていて、というよりも岩に穴が開けてあってわざと潮溜まりを作っていて生き物がたくさんいる。
潮溜まり
カニ
ウニ
小魚やカニ、ヤドカリ、エビ、ウニ、ヒトデなど。網とかバケツとか持っていくとよい。ただこの岩場は潮が満ちてくると水没して立入禁止になる。そこだけ注意だ。

海の家が良心的

砂浜上にいわゆる昔ながらの海の家が1軒ある。
焼きそばとかラーメンを出すような店だ。
まあ海の家価格なので安くないしうまくもない。

ぼくが良心的だと言う海の家は砂浜から出てすぐのところにある「オキツマリン」だ。
オキツマリン
大人1000円でシャワーとか休憩は1日フリー。
子供は1歳と6歳だが料金は取られなかった。

ここのおじさんは海の家にありがちな柄の悪さはなく、とてもフレンドリーで親切だった。いわゆる夏の時期だけの海の家と違って普通の建物なので、トイレやシャワーがしっかりしている。使い勝手は悪くない。
かき氷
エアコン効いて涼しいし、かき氷も250円とリーズナブル。

オキツマリン twitter
↑シャワー室とかロッカーとか紹介されている。

ひなびた風景

上総興津駅
上総興津駅自体がもうすでに懐かしい感じの雰囲気を漂わせている。町の雰囲気も江ノ島などの海水浴場にありがちなチャラチャラした感じはまったくなく旅情を誘う。そういう空気に身を浸すだけでもぼくはとても楽しかった。
haisen
駅のホームは草で覆われた廃線になっているところもあり、なかなか雰囲気のある場所だ。

興津海水浴場の残念なところ

すべてが良いというわけではなかった。
波が少ないということは、海ならではのザッパーンといった躍動感がまったくないということだ。浮き輪でプカプカ浮かんで波に乗ってドッパーンみたいなことはできない。

そして遊泳エリアが狭い。
かなり限定されたエリアのみ遊泳できる。
遊泳が禁止されている岩場付近は水が澄んでいて泳ぎたくなるのだが、そこに立ち入るとライフセーバーの人が来て注意されてしまう。

海草が多く泳ぎにくい。
海の中に草がたくさん生えていて、それが抜けて海面に大量に漂っている。
草
泳ぐとすぐに体に絡まってくる。
これにはけっこう気持ちが削がれてしまった。
沖の方まで行けば草もないかなと思ったのだが、それは逆で沖の方は一帯が草地だったのだ。
area
時期が来れば海面の草も少なくなるのだろうか。

いまどきパラソルとか借りるのはもったいない

海の家でパラソルを貸し出ししていたが、いまどきはみんなポップアップ式のテントを持ってきている。うちも活用している。

小さい子にはライフジャケットを

うちの子は1歳と6歳で、まだろくに泳げない。この海水浴場はほとんど波がないのでさらわれる心配はないが、ある程度深さのあるところまで行ってプカプカはしてみたいし、万が一ということもある。かといっていわゆるライフジャケットはけっこうかさばるので邪魔くさい。で、ぼくはこれをアマゾンで見つけて買って行った。


ライフジャケット風
空気で膨らませるタイプのライフジャケットもどきだ。使わないときはペチャンコになるのでとても助かった。

まとめ

若者もそれなりにいるが、圧倒的にファミリーが多くのんびりした雰囲気だ。子供が小さい間は、しばらく活用することになるだろうな。


sponsored link