tenukiikuji
妻がミスチルのコンサートに行きたいと言うので、ぼくが1人で子供の面倒を見ることになった。いわゆるワンオペ育児だ。

おう行って来い!と力強く送り出す。

ぼくは家事や育児にそれなりに慣れているのでどうということはないのだ。「ワンオペ育児の大変さを知って!」みたいな話がよく出てくるけど、そこまで大変と感じたことがない。そういう人は頑張り過ぎなんじゃないか。もっと適当でいいんだ。

家事をしている間はテレビに任せる

洗濯、掃除、洗い物、食事の用意などなど家事はたくさんある。
うちは下の子がまだ1歳だからまとわりついてきてなかなか作業が捗らない。かといって絵本や落書き帳やオモチャやらを子供に渡すもだいたいすぐ飽きてしまう。

そういうときはテレビを思いっきり活用する。
テレビと言っても普通の番組ではなく、ウチの場合はアマゾンのFIre TV StickでYouTubeやらプライムビデオやらを見せているのだ。スマホやタブレットで見せるよりテレビに繋いで映せるということが大事なのだ。

いまやこれは手放せない。
まだ使ったことのない人は絶対に使ってみるべき。
子供向けの番組がたくさんあるし、大人も楽しめる番組が山ほどある。

テレビに子供の面倒を見させるなんて!というような古いこと言わないこと。
TV見せてさっさと家事を終わらせて子供と直接触れ合う時間を増やせばいいだけのことなのだ。


昼寝は一緒に。体力を温存せよ。

小さい子供であれば昼寝の時間があるだろう。
子供が寝ている間に家事を済ませよう、というのも一つの手だが、一緒に寝てしまって体力の回復に努めたほうがトータルでの効率が上がる。子供が起きている間は親は昼寝できないのだから。子供は親と一緒に横になったほうがよく寝るしね。

ウンコをしたタイミングで風呂に入る

子供がウンコしてしまったときのオムツ替えはけっこうめんどくさいものである。
ゴロンと横にしてケツを拭こうとしても、ジッとしててくれないしウンコの中に手を突っ込もうとするし、なかなかウンコも取り切れないし。

だからぼくはそういうときはすぐ風呂に行くようにしている。
お尻は服より洗ったほうがきれいになることは大人なら誰でも知っているはず。

風呂に行ってケツを洗うだけでもいいのだが、せっかくだからちゃんと全身洗ってしまってしまえばその日はもう風呂に入らなくて済むので一石二鳥だ。

そのまますぐ食べられる食品を活用する

子供は手をかけて作ったものを食べるとは限らない。
毎日毎食そればかりでは偏ってしまうかもしれないが、たまには冷凍食品・レトルト系の簡単食事で手抜きをしよう。わかりやすい味がついているので子供もよく食べる。

また、バナナ、豆腐、ちりめんじゃこあたりも栄養があるしそのまま食べられるから手間いらずでとても便利な代物だ。

このちりめんじゃこはやたら量も多く食いでがあるのでうちはリピーターだ。
次の記事も参考にしてみてほしい。

【ブログ記事】安くて美味い!まるとも海産の訳ありちりめんじゃこ


グズって飯を食べないときは食べさせてあげてみる

最初は調子よく食べてても、急に機嫌が悪くなって食べなくなることがある。
そういうときは食べさせてあげたり、膝の上に座らせて気分を変えてやったりすると結構食べる。

よく食べるからと言って食べさせ続けると吐く

そんな感じでもりもり焼きおにぎりを4つも息子は食べてしまった。
それまで食欲不振で全然食べていなかったので、たくさん食べてくれたことに嬉しくなって求められるままに与えてしまった。

食後床でゴロゴロしたりおもちゃで遊んでいたのだが、急にケホケホしだしたと思ったらゲボ(ゲロ)の大噴射。床じゅうゲロまみれになってしまった。下に敷いているマットもゲロまみれ、洗わざるを得なくなり、結果家事を増やしてしまった。

食事の途中で子供のお腹を押してみてパンパンになっていないかどうかチェックが必要だろう。

寝かしつけには絵本とオルゴール

寝るときのルーチンワークを決めておこう。
そろそろ寝る時間になったと思ったら「絵本を持っておいで」と声をかける。
そして部屋を暗くしてベッドサイドランプでぼんやり照らし、オルゴールをかけながら読んであげよう。

本物のオルゴールである必要はない。
アマゾンのプライムミュージックにはやたら多くのオルゴール曲が入っている。

こんなの誰が聞くんだと思っていたが、こういうときに活用できるのだから意外と捨てたもんじゃない。


エアコンはケチらない

暑いとか寒いというのは子供の寝付きが悪くなる原因の大きな要因のひとつだ。
なので布団に入る30分くらい前にはエアコンを付けておき室温を整えておこう。
エアコンはつけっぱなしのほうが実は電気代がかからないというんだから朝起きるまでエアコンをつけておいて構わない。

まとめ

とにかくいかに効率的に手抜きをするかがワンオペ育児のポイントだ。
なんでもきっちりやろうとするとどんどん自分が追い込まれていくのでそんな生真面目さは捨てちまえばよい。そうやって気持ちに余裕ができれば他の人にも優しくなれて、夫婦喧嘩も少なくなり家庭円満になるのだ。

sponsored link