screenshot 2
polcaというフレンドファンディングアプリで「妻の差し歯治療費」を募りはじめた。
まだ少しだけれどご支援も頂戴している。

なんでそんな変な企画なんだ、なんでお前のヨメの歯の治療費を赤の他人が出さなきゃいけないんだ、そう思うのもごもっとも。理由がわからなきゃ出せるものも出せないよね、ということでぼくの思いをまとめることにした。

まずpolcaってなんだ、フレンドファンディングってなんだ、という人はここを見てきてください。

polca(ポルカ)- フレンドファンディングアプリ

実際ぼく自身昨日までよくわかっていなかった。
要は「何かしたいことを企画して賛同する人がお金を出してくれる」というものだ。

他人のやりたいことにお金を出してくれることなんてうまい話があるものか、そう思っていた。でもツイッター上でもかなり話題になっている。これはやってみるしかないっしょ!ということでどんな企画がいいのか考えてみたわけだ。

人のためにお金を使いたい

polcaでみんなどんな企画を出しているのかをまず見てみた。

MacBookが欲しい、
どこどこに行くための費用が欲しい、
〇〇が欲しいみたいなものが多く出てくる。

そんな中iPadが欲しい企画で10万円もの大金を調達している人がいるじゃない!
これは、、、むむむ、、、やるしかない!
この方のブログを読んでみると生い立ちからなぜ欲しいのかまとめられている。

無名の主婦ブロガーがpolcaで10万円の支援をしてもらえた理由と今思うこと

確かにこれは支援したくなる気持ちもわかる。

ぼくだって欲しいものはたくさんあるが、ここまで思い入れというか熱意を持って「欲しい!」と言えるものがあるのか?
自問自答が続く。
待てよ、自分が欲しいものじゃなくてもいいのでは?
ぼくが他の人にしてあげたいことを支援してもらったらどうだろう。

ぼくは妻と結婚するタイミングで会社勤めを辞めフリーランスになって以来、ずっと大変な思いをさせてきてしまった。ここらでなんか恩返しでもできないか。その線で考えることにした。

美味しいもの食べさせたい、
いい服を買ってやりたい、
旅行に連れて行ってやりたい、
いろいろ思い浮かぶけど、すべて一過性のものである。

もしみんなからお金を募って使うのであればもっと長くその効果を感じたいし感謝し続けたい。そこで出てきたのが「妻の差し歯を治す」こと。

妻の差し歯はこうなっている

差し歯はいちおう使えることは使える状態。
ただもう20年以上使っているとのことで、歯の色も悪いし歯茎が下がり中の黒いのが見えてきてしまっている。歯茎自体も黒っぽくなってしまっている。しかも上の前歯という一番目立つところ。

中学生の頃、気を失って倒れたときにぶつけて歯が折れたんだそうだ。
いわゆる保険で適用できる範囲での治療だったので見栄えはそもそも良くないものだったらしい。まあいかにも古い感じの差し歯だ。

妻と出会った頃からそんな感じではあったのだけど、結婚して10年近く経つとお互い歳を取ってきて歯茎も下がり、より見栄えが悪くなってきてしまった。妻も気にしてあまり口を大きく開けて話したり笑ったりすることが少なくなってきてしまった。妻はもともと明るい人間なのでキャッキャと笑っていてほしいのに。

自分のことを後回しにする妻

これまでに何度も妻に歯を治すことを提案したことがある。
しかしそのたびに断られてきた。

自分で言うのも何だが、ぼくの妻は思いやりのあるとてもいい人だ。
だからぼくや子供たちのことをいつも優先してくれる。
「私のことはいいから子供たちにそのお金を使ってやって」と言ってなかなか言うことを聞いてくれないのだ。

じゃあぼくのお金ではなく皆から募ったお金ならば使ってくれるのではないか?

そう考えた。

ネットの世界に懐疑的な妻を納得させたい!

もしこの企画が支援の金額を調達できたとしても、妻が納得してくれるかどうかはわからない。妻はネットの世界に対して懐疑的で、いまだにFacebookやTwitterなどをやっていない。まあやらなきゃいけないことはないけど、そういう類のものに関心が向かない古いタイプの人間なのだ。

ぼくが書いているブログだって「そんなの書いてる暇あったら子供の面倒でも見てよ!」「ブログで稼ぐとかわけわかんないこと言ってんじゃないよ」という扱い。

でもこのpolcaで自分の歯が治せたらきっと何かが変わるんじゃないか、世界はこんなふうに進化しているんだ、ということに少しでも気づいてくれるんじゃないかという期待もあるのだ。

資金が調達ができなければもちろん自腹で治します

あたり前のことだけど、目指す金額に達しなくてもぼくが自腹を切って妻の歯を治すつもりでいる。人のお金をアテにして妻の治療をするかしないかを決めるなんてことはありえない。でももし支援をいただければぼくのこの思いに弾みがつく。人生がさらにクルクルと回りだすはず。

ご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

妻の差し歯を治して黒くなってしまった歯茎をキレイにしてあげたい。心置きなく口を開けて笑ってもらいたい。
screenshot


sponsored link