IMG_5936
ゆりかもめ有明駅すぐそばにあるパナソニックセンター。
企業のショールームだが基本的には子供の遊び場という趣きである。
いろいろと催し物があるのだが、うちの息子達が食いついたもの、興味を示さなかったもの、を紹介する。

【興味アリ】指スケ(指でやるスケートボード)

IMG_5935
1Fのオリンピック・パラリンピックコーナー。
いくつかの展示がある中で食いついたのが指でやるスケボー「指スケ」。
ぼくはこのゲームを全く知らなかったので、ただのミニチュアとばかり思っていた。
それにしてはボードの作りがしっかりしているのでスゴいなあと感じていたら、説明書きに「指スケ」というちゃんとしたスポーツ(?)であることが判明。

息子たちは夢中になって食いついた。
普段トミカなどで遊んでいる感覚でスケボーをやる。
車をつかんで動かすというより、スケートボードそのものに乗って自分が操作しているという感覚になるのだろう。
いつまでたってもここから離れなかった。

YouTubeで見てみると関連動画がたくさん!

調べてみるとちょっと高いトミカくらいの値段で買えるようだし、ちょっとしたプレゼントにしても喜ばれそうだ。

ていうかぼくも買ってみようかと悩んでいる…!


【興味なし】リスーピア

IMG_5943
「理科・数学のおもしろさ、すばらしさを体験できる施設」という触れ込みのエリア。有料エリア・無料エリアに分かれているが両方入ってきた。
基本的に理数系の原理を視覚化したような展示である。

【有料エリア】写真はNG
デジタル機器を活かした今っぽい展示。
耳にイヤホンをつけて何かを聞く。
このスタイルは未来っぽくて子供も一瞬うれしそうなのだが、耳へのフィット感がいまいちなのと聞こえてくる内容が別に面白くないので結局ほとんど使わずじまいであった。

このエリアにはインタラクティブ風な展示が多い。
しかしそういう展示にありがちな、内容や作りの拙さに体験者側が寄り添ってあげなければならない煩わしさが子供を退屈にさせてしまう。簡単に言えば「展示物の反応が鈍く、何をやっているのかわかりづらい」のである。

子供は敏感に反応し、つまらなければシュッといなくなってしまった。


【無料エリア】
IMG_5946
物理的な法則や原理を物理的なモデルで体験できる。
IMG_5949
こちらはまだ見た目にわかりやすいので先のエリアよりは反応を示す。
ただ、ほかの科学系の博物館とかによくあるモデルばかりなのが少し残念。

またここには何故かNintendo SWITCHを体験できるコーナーもある。
IMG_5947
あまりにも待ち人数が多すぎてやる気にもならなかった。

【興味アリアリ!】リスーピア入口前のおもちゃコーナー

リスーピア有料エリアの前にあるおもちゃ体験スペース。
ここにはたくさんのパズル的なおもちゃがあるので子供たちは全く飽きずに遊んでいる。
IMG_5945


くつろぎながら自由にできるのがいいみたい。
IMG_5944 ここだけを目的に来てもいいくらいだ!


まとめ

別に昔ながらのものだからよいとかではなく、子供たちは自分たちの手で直接触れたものがその通りに動いたり結果を示すものが好きなのだ。最新の技術による展示だとしても反応が鈍すぎてまだまだ子供たちの想像力や直感力にはかなわない。これからの進化に期待したい。
ただパナソニックセンターは子供にとって「遊べる」良い施設だった!
IMG_5927
(ゆりかもめで先頭を陣取る息子たち)

sponsored link