screenshot
子供たちがどこかに連れてけと騒ぐので、今までしたこと無いもの、行ったことがない所に行こうと考えた。

そうだ、うちの子供達は映画館で映画を見たことがない。

いまはアマゾンプライムビデオやらHuluやらでたくさん映画を見られるから映画館に行こうとすら考えたことがなかったのだった。

さあて、何を見るか。
息子たちはまだ6歳と1歳。
難しいのは無理だし、コワイのはなおさら無理だ。
そこで見つけたのがLEGO NINJAGO MOVIEだ。

なになに、9月30日、今日が初日じゃん!
評判も口コミもわからぬまま向かうことにした。

初日だから混んでると思いこんでいた

これまで子供向けのイベントや演劇を見に行くとウジャウジャと子供があふれていて並ばなきゃ入れないことがほとんどだった。だから今回もそうなのではないか、ましてや初日だからみんな詰めかけるのではないかと考えていた。

よし、早めに行って席を確保しよう!

我々は渋谷にあるヒューマントラストシネマを目指した。
なんだかんだで上映時間の20分前くらいのギリギリで映画館に到着。

人の姿はとてもまばらだ。
あれ?今日はやってないのかな?
なんてことを思っていたらただ人が来ていないだけだったのだ。
IMG_6240
座席選びたい放題!
逆に不安になってしまった。

空いている映画館は気がラクだ

ものの見事に人がいない。
IMG_6241
前に背が高い人がいて見えづらいとか一切なし。
隣の人と肘掛けを取り合うなんてこともなし。
ぼくは上映が始まって数十分もすると深い眠りに落ちていった。

肝心の映画はどうなんだ、と

ぼく世代のヒーロー、ジャッキー・チェンが出演ということでちょっとワクワクしていた部分もあった。しかしかなりおじいちゃんになっていてちょっとさみしくなった。ただ吹き替えの声優はぼくらの記憶にある人と同じだったのが救いである。ただちょっとしか出てこないのが残念。そもそも忍者なのに香港映画出身のジャッキーが出てくるのはいまいちよくわからん。

で、本編。
画面が賑やかすぎたり視点がガチャガチャ変わったり目まぐるしくてストーリーを終えなかった。そんなこともあって寝てしまったのだ。
上の息子はずっと寝ないで見ていたようだがちゃんと話が理解できたのだろうか。

まとめ

せっかく大画面の映画館まで来て安くはないお金を払って見るのだからもう少し面白い映画にすべきであった。

ただ初めての映画館ということで息子たちは喜んでいたみたい。
気持ちと懐に余裕があるのならまあ見てもいいかな、くらいの評価・感想です!

sponsored link