結婚のススメ
結婚して7年。

毎日夫婦ゲンカは絶えないけどいつも結果的に結婚してよかったなあと思えている。
独身時代は結婚する、ということにまったくリアリティを感じていなかったけど、してしまえばそれが日常になるのだから気にすることではなかったのだ。

まあいわゆる同棲や事実婚でもいいけど、どうせなら結婚してしまえば余計なことをあれこれ考えなくて済むぞ。
 

もっといい人がいるのでは?なんてことを考えなくてすむ

結婚するまでに何人かと付き合ったけれども結婚まで考えたことがなかった。
結婚生活というものが想像できなかったこともあるし、自分にはもっとふさわしくてカワイイ女性が現れるのでは?なんて不謹慎なことを考えていたから踏みきれなかった。

でも冷静に考えてみるとそんなこと言いだしたらキリがないし、むしろ私みたいなヘナチョコ野郎にもっといい人が現れるなんてまったくもっておこがましい話なのだ。

さいわい私の妻はそれまで付き合った人の中で最もおしゃべりで明るい人間であったこと、私がすでにいい歳であったことを考え、決断に至った。
 

話し相手がいつもいる

私は友だちが極端に少ないしかなり会話が下手。
気心の知れた相手ならばダラダラといくらでも喋れるのだが、だいたいは緊張しちゃって変なテンションになり空回りした会話になる。そうすると微妙な間ができたりしてそれが私の緊張を増幅させて悪循環。

電話なんかもっと苦手。

一時期仕事もせずにプータロー状態だった時なんか数ヶ月ろくにしゃべらなかったら自分の親と会話するときでさえ言葉が出てこなかった。
いま考えても恐ろしい。

だけど結婚した今は毎日話し相手がいる。
気心も知れている。
いくらでもしゃべれるがときどき地雷を踏んで大ゲンカに発展する。
それをいかになだめるかも腕の見せ所。
これがなかなか大変だけど楽しいもので、コミュニケーションを誰かととっているというコト自体が自分の精神状態を平静に保ってくれる効果もあるようだ。かの有名ブロガーイケダハヤトさんの発言で気づいた部分も大いにある。

この辺の話し大好き。
 

自分のダメなところに気がつける

私は昔からかなりいいかげんな人間だったので、几帳面潔癖超人であるヨメさんから見ると宇宙人レベルの変人だったみたい。
家事全般や寝る時間起きる時間がメチャクチャだったから、まあ怒られた。
いまでも怒られている。

家事だけではなく、私の思考や会話のクセ、態度や目つきや姿勢など指摘されることは多い。自分のことを常に(いい意味で)監視して指摘してくれる存在というのはありがたいことなのだ。

おかげさまでいつも健康、部屋がきれいで快適、家の中で物がなくなることもかなり減ったように思う。
 

家事を分担できる

私は家事がめんどくさくてしかたのない人間だった。
だからやらずに放置してどんどん部屋が汚くなってどこから手を付けたらいいのかわからなくなって結局やらないという悪循環。

しかしウチのヨメさんは180度真逆。
恐ろしいほどの潔癖超人だ。
トイレを毎日掃除するというのは私にとってカルチャーショックだったぜ。

でもどうだろう、いまや私も部屋が汚れていると気持ち悪くなってしまう人間になってしまった。いや、普通の人間になれたのだ。全部自分でやろうとすると気が遠くなるが、分担すれば家事は半分ずつで済むのだからラクなもんですよ。

家事にどっぷり浸かることによって家の中のことが分かるようになって、その経験でいま新しい仕事ももらえてるのでヨメさんには感謝感謝なのです。
 

どんどん家族が増える

いま子供が2人。
自分が親になるなんてこと想像してなかったけどもう2人。
とにかく大変。

私が普通のサラリーマンを続けていたら子供の世話なんて休日にしかしなかったんだろうな。いまは毎日だよ。しんどいけど楽しい。子供を持つ親の視点というのは独身時代にはまったく考えられなかったことだから、いい経験をさせてもらっている。
 

もう一つの故郷ができる

私は東京に住んでいて実家も東京だから里帰りと言っても何も面白みはない。
でも嫁さんの実家は愛媛。
結婚するまで行ったことなかった。

関東と四国では文化が違う。言葉も違う。自然環境も違う。
義父母の相手やその親戚との付き合いにときどきめんどくさいこともあるが、ヨメ実家への里帰りというのは旅行気分でいつも楽しい。

海が近いからいつも釣りに連れてってもらえるし。
 

朝起こしてくれる、というか叩き起こされる

私が子供のときからいまに至るまで全く成長していないのは「朝起きられないこと」だ。子供が産まれるまではヨメさんが、いまは子供が、私を早朝に叩き起こしてくれる。めちゃしんどい。

だけどおかげで一日を有効に使えるようになったんだから感謝せねばならんよなあ。
 

まとめ

結婚は勢い。してからは慣れ。
自分にとってプラスのことも多いからさっさとしてしまうが吉。
 

sponsored link